HEALTH TALKING in 海老名 7月~8月

 真夏日予想が出される季節になりました。

すると、毎年話題になる「熱中症に注意してください!」


今、一週間の間に健康に関する番組が複数あり、各番組には専門医師が出演して説明してくれます。

 聞いている時は、「そうなんだぁ~!」

理解したつもり...後日、その内容を周囲の人に説明できますか?


人間の記憶は3種類、①感覚記憶、②短期記憶、③長期記憶に分けられます。

病院で担当医に説明を受けた時には、「わかった!」つもりでも、家族に説明しようとしたら、実は全然分かっていなかった、という事と同じような感じではないでしょうか。 


私たちが普段「記憶」と呼んでいるのは、③の長期記憶です。実は、視覚記憶は数百ミリ秒、聴覚が数秒しか保持されないと言われています。短期記憶についても15~30秒程度です。

テレビで見て聞いただけの状態だと、本当に覚えていたい大切なこと記憶に残いないという衝撃が!


 HEALTH TALKINGの目的は、「自分で話して納得する」ための「気軽に健康トーク」

自分で質問して、疑問をその場でわかるまで理解し、日常の問題を解決する。

それを自分の言葉で発すること、インプットとアウトプットできることです。記憶をより確かに正しい情報として長期記憶にしませんか? 



<日 程>

6月20日(水) 7月18日(水)

6月の受付、午前・午後ともに受付終了いたしました


<時 間>

両日共通

①子どもの熱中症 AM 10:30~11:30
②大人の熱中症  PM 14:00~15:00


※8月29日(水)①② テーマ「血管の老化」の予定です


  

①子どもの熱中症 ②大人の熱中症

 気を付けたい子どもの熱中症・大人の熱中症 「気をつけたい理由が異なる」


熱中症は、年齢に関係なく注意が必要となります。

しかし、子どもと大人では、注意しなければならない「理由」が異なることをご存知でしょうか?

子どもの場合...

子育て経験者ならわかると思いますが、子どもはとても汗っかきです。そのため、水分補給が重要となるということは理解しやすいかと思います。

ところで、大人になってから、子どものように大量に汗をかくことが少なくなったと思ったことはありませんか?

大人の場合...

夏場でもどこでも、冷房が普及している便利な時代、会社で冷房に冷えて、家でも冷房、汗をかくことことがそもそも少なくなりました。汗かいていないし、のども渇いていないから、トイレも近くなるし、わざわざ水分補給しなくてもと思っていませんか?

さらに、心筋梗塞や脳梗塞など、脱水がきっかけで引き起こしやすい脳血管疾患の発症の一番多い時間帯が早朝だということをご存知でしょうか?

早朝は目覚めに際して、交感神経が活発化し、血圧が上がるために脳血管疾患が発症しやすい時間だとされていますが、実は、そこにこそ、脱水症状を引き起こしやすい理由が隠されています。

  

熱中症は、炎天下で引き起こすというイメージ

高齢者の場合は、一番多く発症する場所は、実は室内なのです。 

子どもと大人とでは、熱中症予防に対する対処方法が異なります。 

夏本番のこの時期だからこそ、今から対処方法の違いを知り、この夏を乗り越えまましょう!


<場 所>

 海老名駅前イオンショッピングセンター

1Fフードコート内 カフェ・ベヴェリーノ近辺 

※当日は、テーブルの上の 
「イメージ写真が入った写真立て」
 を目印にお越しください


 <参加費> 

各回共通 500円

 ※当日お支払いください。

※なるべくお釣り銭の無いようご協力お願いいたします


 <各回共通の お申し込みは>


上記、フォームよりお申し込みください。

  • 当日、ご参加の場合でもお申込みをお願いいたします。
  • ドタ参大歓迎!お席の確保の都合上、必ずご連絡ください 。
  •  お子様連れでも大丈夫です。 
  • お飲み物代は、別途ご精算ください。
  • 8月の内容は、UPしておりませんが、お申込みは可能です。


<イベントに関するお問い合わせ>

email:  thinkyourlife2018@gmail.com 


 <世話人> 

THINK YOUR LIFE  主催

 Well being lab 代表  もとしろ けいこ 


Pure Medical attitude代表 かたよし純子 

THINK YOUR LIFE

ミドルエイジの人生の課題に対して、最初は『We think of your life.』少しずつ『You think of your life by yourself.』 につながるそんなお手伝いしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000